海外ドラマ『スノーフォール』シーズン1第3話/逆風/ザックリネタバレと感想

海外ドラマ『スノーフォール』シーズン1第3話/逆風

1983年アメリカ、ここから全てが変わる 禁断の“白い粉”に吸い込まれていく人々の運命を描いた衝撃作FOXチャンネル

1980年代のアメリカの薬物やギャング抗争描いた、海外ドラマ『スノーフォール』

貧困な家庭で暮らす少年フランクリン自分がルールを作り、変えるために危険な道へ進んでいく、暴力と欲望が渦巻く世界へ足を踏み入れていくフランクリンの運命やいかに…

※ネタバレ入っています。真っ白で見たい方はこの先を見るのをお控え下さい。

海外ドラマ『スノーフォール』予告編

スノーフォールシーズン1第3話/逆風/感想

スノーフォール第3話配信中です。

前回商売敵に金を奪われてしまったフランクリン、相手の男たちの名前が分かったまでは良かったんですが、金を取り返す為に連れて行った男に金を奪われてしまい結局フランクリンの元へ金は帰ってきませんでした。

 

この男がかなり暴力的で危険(^^;

 

堂々と金を持っていく男にフランクリンは何もできない。

 

おいおいフランクリン!行かすなよ!

 

レオンも普段は粋がっているのにこの時は空気でした笑

フランクリンは基本的にやさしく、母親思いのいい奴で暴力も嫌いなのでこういう世界でのし上がるにはそういう所がネックになりそうです(^^;

 

ただ個人的に暴力をふるうフランクリンは見たくないですが…

 

普通にがんばれって働けフランクリン笑

 

せっかく危険を冒して手に入れた仕入れ先と売り先でしたが、まぁとんとん拍子にはいきませんね~

 

展開的に楽しいですが、ヒャヒヤしてしまいます^^

ザックリネタバレ時系列

海外ドラマの『スノーフォール』シーズン1の第3話の時系列です。ザックリなので省いたり前後したり、理解できていない所はあいまいな表現になっています。

商売敵にボコボコにされたフランクリン

男二人が立ち去った後、何とか立ち上がりふらつきながらクローディアの店に戻る。

血だらけのフランクリンはクローディアの元へ行く

フランクリン「あなたの差し金?」

クローディア「口を慎みなさい」「商売を理解しなさい」

フランクリンはクローディアに次回の取引が有利になるよう約束して男二人の名前、レニーとレイレイという名前を聞き出す。

テディとアレハンドロ

隠れ家を移したテディとアレハンドロの元に盗品の大量の武器が届く。

武器は米国政府の所有物でテディは製造番号からバレるリスクが高いと取引を中止しようとするが、アレハンドロに製造番号を消すと説得する。

大量の武器の製造番号をテディとアレハンドロたった二人で消すことになる。

ペドロとルシア

ペドロとルシア、エル・オソはペドロの父親から金を盗んだ事がバレないようにトマスという運び屋を殺して罪を着せようと計画を立てる。

フランクリンとレオン

フランクリンはレオンの家に行きクローディアの店でのトラブルを話す。

フランクリン達はレオンの知り合いに盗られた金を取り戻してほしいと依頼する。
3人はレニーの自宅に乗り込み、レニーを縛り上げ銃を突きつける。

フランクリン達はレニーの自宅で金を探すが見つからない。

フランクリンのやり方にしびれを切らしたレオンの知人はレニーに対し拷問を行う。

金のありかが分かったレオンの知人は、金を奪い家から出て行ってしまう。

ペドロ達にトマスの殺害を命じられたエル・オソ

罪を着せる為にトマスの殺害を命じられたエル・オソはトマスの自宅へ
トマスは同性愛者で恋人の男性と自宅で楽しそうに食事をしている。

エル・オソは恋人と楽しそうにすごしているトマスをみて殺さずにペドロ達の元へかえる。

ペドロ達に咎められるが家族を持ちはやらない、エンリケという男をやるから二人とも同行して見届けろとペドロ達に言う。

3人はエンリケの自宅前で見張る、エンリケが帰ってくる。

テディの妻

離れて暮らしているテディの妻が子供を連れて会いに来る、アレハンドロと武器の製造番号を消す作業をしていたテディは作業をアレハンドロにまかし、妻の元へ駆けつける、テディの妻もCAIの局員でボスからテディの危険な任務を聞き、任務から降りるように説得するがテディは応じない。

テディはもう支えきれないと妻に別れを告げられてしまう。

フランクリンおじさんに相談する

フランクリンはおじさんの家に行き、手に負えない状況になったから銃を貸てほしいと頼む。

おじさんに銃を使うからには覚悟を決めろと言われ、銃と手に入れる。

自宅に帰り銃を隠し血で汚れたTシャツを着替える。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA