釣ったアジでなめろう作って食す

前回のサビキ釣りの続きです!

前回の記事 釣り初心者でも簡単!楽しくておいしいサビキ釣り

サビキ釣りの釣果

今回はサビキ釣りで釣ったアジを使ってなめろうを作っていきます!

 

これも新鮮だからこそできる料理ですよね~

結構ざっくり作っているんでわかり辛い部分もあるかもしれませんが、ご了承ください^^

材料がいいのでざっくりでも味は格別です!

 

アジのなめろう3~4人前材料

アジ:15~20センチ位 4尾

ネギ:適量

大葉:2枚

ショウガ:1片

にんにく:1片

味噌:大さじ1

しょうゆ:適量(食べるときに好みで調節)

こんなけです!所要時間は手際にもよりますが、10分から15分位です。

アジをさばく

1.アジのウロコを包丁を使って取ります。

2.ゼイゴを包丁を寝かしてすきとります。アジフライや焼き物をする場合も必要です。

ゼイゴを取り除いたアジ

3.アジの頭を落とす。ヒレギリギリに包丁を入れます。

4.腹に切れ目を入れ内臓を出します。

包丁の先で内臓をこそげ出します。

5.腹の中を真水で洗います。

洗う前の腹の中。生でいただく場合、この処理が重要です。しっかり真水で洗ってください。

指や爪を使ってこそぐように洗います。

骨の間の血は爪楊枝や竹串を使うと洗いやすいです。この画像では爪楊枝3本位を束ねて使っています。

真水で洗いきれいになった。(水仕事ばかりで手がしわしわです笑)

6.アジを三枚におろします。おろしている画像をとるのを忘れていました。

7.腹骨をすきとります。

8.中骨を抜きます。指で探ったら骨がわかるので、抜いてしまいます。小さい骨なら抜き残しがあっても気になりません

9.皮をはぎ取ります。端の方からつまんで引っ張れば簡単に取れます。

10.下準備の終わったアジの身を細かく刻みます。

11.ネギ、大葉、ショウガ、にんにくを細かく刻みます。

12.刻んだアジを包丁で叩きます。みそ、11で準備したネギ、大葉、ショウガ、にんにくを入れ更に叩きます。

(出刃包丁があれば叩きやすいです)

アジのなめろう完成!

13.粘りが出てきたら完成です。おしゃれに大葉を一枚引いて盛り付けます。おいしそう!

なめろう味の感想とまとめ

素材がいのでめちゃくちゃうまいです!

あったかいご飯にのせてしょうゆをかけてがっつきました!最高でした!

感謝!ごちそうさまでした!

 

実は私の子供の生魚デビューはこのなめろうでした。これから回転すしでも生の魚を「おいしい」と食べるようになりました。

まず興味を持って本当に美味しいものを食べるとおいしさに気づくんでしょうね♪

簡単なので是非チャレンジしてみて下さい!

 

※生食をする場合はしっかりした下処理をした上で新鮮なうちに食べて下さい。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA